【タイ駐在】ロジスティックス業務コンサルタント | パソナグローバル - PASONA GLOBAL
あなたのグローバルなキャリアを応援する、パソナグローバル

求人情報詳細 Job information

掲載日:2019/04/15

求人ID / Job No.21808

【タイ駐在】ロジスティックス業務コンサルタント

タイ事業部の幹部候補生を目指すことのできるポジションです

職種Type of Work 全般/コンサルティング/コンサルティング
雇用形態Employment Type 正社員
業務内容Job Description ・ロジスティックス業務(購買・生産・在庫・販売・物流業務)の業務改革プロジェクトにおいて現行業務の調査、課題の抽出、新業務のプロセス設計を実施。 ・製造業のロジスティックス業務における業務課題を抽出し、クライアントに対して課題解決の方向性を提示。 ・業務コンサルプロジェクトに参画し、プロジェクトメンバーとしてプロセスフロー、業務要件定義書などアウトプットを作成。 ・ロジスティックス業務のERP導入(SAP)フェーズにおいてERPコンサルタントと協働で業務の詳細設計及びシステム要件定義の支援を実施。 ・クライアントとの主要なセッションをタイ語及び英語でファシリテート。 ・プロジェクトマネージャーと連携し、クライアントの求めるプロジェクトのアウトプットの作成を実施。 ・タイ事業部内部の制度、ルールの整備及びオペレーションの設計を行い、事業部運営体制を確立。日本本社のスタッフと場合によって日本語でコミュニケーションを獲る必要があり。
必要経験Necessary Experience 【必須】 ・大学修士号卒業以上 ・コンサルティングファームにおけて5年~7年間の業務コンサル実績あるいはERPコンサル実績(SAP ERP等) ・タイ国籍を保有し、バンコクで勤務ができること ・コンサルティングプロジェクトに必要な論理的思考力、交渉力、リーダーシップを発揮してプロジェクトを遂行する能力があること ・ビジネスレベルの英語及びネイティブレベルのタイ語のコミュニケーション能力があること ・3つ以上の業務コンサルのプロジェクト及びERPコンサルのプロジェクトに参画し、独力でアウトプットを作成する能力があること 【任意】 ・日本留学経験、日本国内の企業での勤務実績 ・日本語の基本的な読み・書き・会話でのコミュニケーション ・プロジェクトマネージャー及びPMOの経験
語学力Language Ability ■英語 : Fluent
■日本語 : Conversational
■タイ語 : Native
年収Annual Income 500万~1500万
社会保険Social Insurance 健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険
諸手当Benefits 通勤手当 残業手当 厚生年金基金、財形貯蓄・持株会の奨励金制度、育児・介護休暇制度、慶弔制度、団体労働災害総合保険制度
勤務地Area タイ
休日・休暇Holiday / Vacation Days 慶弔休暇 夏期休暇 有給休暇  祝祭日 リフレッシュ休暇 各種有給休暇 年末年始休暇  創立記念日休暇
パソナグローバルからのコメントMassage from Pasona Global ASEANのコンサルティングビジネス拡大のため、タイにコンサルティング事業部を立ち上げ、現地でプロジェクトをデリバリーするコンサルタントを募集します。タイ現地のクライアントに対して、会計業務のプロジェクトのデリバリーを担当します。またタイ事業部を立ち上げるにあたって事業部内の制度やオペレーションを設計するなどコンサルティング事業の立ち上げを経験することができます。
企業プロフィール Company Profile
事業内容Business Description 経営戦略・企業変革を実現するためのコンサルティングサービスの提供 【具体的なコンサルティングサービス】 ■構造化手法による全体俯瞰ベースの改革 ■顧客価値を最大化するバリューチェーンの構築(SCM/CRM) ■グローバル経営に資するERPの設計、展開 ■CIO機能の構造化・充実化に向けた戦略的なIT組織の変革 ■戦略的かつ実効性の高いグループ経営管理の実現 ■エンジニアリングとSCMの統合的改革 ■戦略的BPO、シェアード化の実現
業種Industry ビジネスコンサルティング
会社特徴Company Features グローバルファームであるザカティーコンサルティング(旧キャップジェミニ)と製造業に特化したファームNTTデータビジネスコンサルティングが統合した日系コンサルティングファーム。NTTグループでありながら、全体の7割程度はNTT関連以外のプロジェクトを行うなど、独自のプロジェクト獲得デリバリーを行っています。 利益主義によりがちなコンサルティング業界に警鐘を鳴らし、当社は「Work with Client」をポリシーに、常にお客様と一体となった企業変革を推進しています。日本企業の組織・風土に馴染まない成功事例の押し付けも、一方的なIT製品の押し付けもありません。また、グローバル案件では既存の海外法人に移管せず、現地で折衝から調査、戦略浸透まで一手に担っています。