あなたのグローバルなキャリアを応援する、パソナグローバル

求人情報詳細 Job information

掲載日:2024/06/12

求人ID / Job No.24662

法人営業【中国案件担当】※未経験可

中国語力を活かして働こう!大手食品商社での法人営業のお仕事です。

職種Type of Work 営業:海外営業
雇用形態Employment Type 正社員
業務内容Job Description おでんの具材などで使われる水産練り製品で業界シェアトップクラスを誇る食品メーカー。その子会社である当社は“「食」に国境はない。”とのモットーにたち、すり身、包装資材等食品及びその関連分野を中核とした専門商社です。今回のポジションは国内外の独自の販売・仕入れチャネルの構築担う海外営業として、加工製品、水産物、練り製品のいずれかを担当していただきます。 【具体的には】 ・扱う商材:加工品、水産物、練り製品のいずれか ・担当顧客:外食チェーン店、海外スーパー(一部の部署のみ)、大手国内食品メーカー、中小食品メーカー ひとりの営業が担当する仕入先・販売先は10社以上になります。基本的には、一人一商材を担当。各種食品を海外から輸入します。取引先となる顧客のニーズに合わせた企画提案や商材・商品の開発を行なったり、代金回収の役割を担ったりもします。また、仕入先・販売先ともに常に新規開拓を行ない、新たな取引締結時の交渉・調整も担当します。ゆくゆくは北米を始め東南アジア各国へ出張に行って頂くポジションです。 【Point】 やる気次第で、取引を拡大していったり、新しいビジネスを立ち上げることが可能です。たとえば、まだ日本では知られていない商材を発掘し、当社が保有する販売ネットワークに乗せて日本中に広めることも可能。TPPなどの状況も踏まえて、より優位で良質な商材を扱うことが、営業としてのやりがいであり、期待される役割になります。
必要経験Necessary Experience 【必須要件】 ■ネイティブレベルの日本語力 ■ビジネスレベルの中国語能力 ■お酒が好きな方 【歓迎要件】 ▼食品や輸出入の知識や経験
語学力Language Ability ■英語 : Greeting / None
■北京語 : Fluent
■日本語 : Native
年収Annual Income 330万~400万
社会保険Social Insurance 健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険 
諸手当Benefits 通勤手当 残業手当 営業手当 退職金制度
勤務地Area 東京都
休日・休暇Holiday / Vacation Days 原則土日祝休み(おせちの商戦期の年末のみ土日出社の可能性あり) 年始休暇(1/1~1/4)、特別休暇(慶弔、看護、産前産後、育児、介護等)、有給休暇(入社6ヶ月経過後10日付与)※半日有給あり
パソナグローバルからのコメントMessage from Pasona Global 【今後の海外展開】中期経営計画2023でも海外市場へ積極的に展開拡大と挙げており、祖の要を担うポジションです。海外売上を9%→13%へ拡大予定です。 【残業時間】月平均10時間 全社的に18:30頃(遅くとも~19:00頃)には退社している風土でワークライフバランスをもった働き方で長期勤務可能です。 【その他制度】 ・財形貯蓄制度・持株会制度(奨励制度あり)・団体取扱保険・永年勤続表彰・各種紀文グループ福利厚生施設利用可・企業年金基金(確定給付企業年金)・定年再雇用制度(65歳まで)
企業プロフィール Company Profile
事業内容Business Description 食品関連に特化した商社として、国内はもとより海外の拠点を活用し、農畜、水産物をはじめとする原材料、資材及び商品の調達、販売を行なっております。
業種Industry 食品メーカー
会社特徴Company Features 業歴70年を誇り、練り製品の業界大手として広く知られている食品メーカー。消費者に認知され、長く愛されているヒット商品を数多く生み出しています。 現在、海外展開としてはタイ、シンガポール、台湾、香港、アメリカ、韓国にてマーケットを広げており、海外でも高い評価を得ています。海外売上比率は約1割ですが、これから増加させるべく、事業計画として、海外新拠点への展開を視野にいれています。 その子会社である当社は昭和39年に創業し、食品専門商社として世界各国と取引をしております。食品・原材料を中心として仕入れの50%は海外から輸入しています。商品・商材を非常に大きなロットで動かすことで利益を生んでおり、ダイナミックな商売をしている反面でニッチ市場へのテクニカルな企画販売も得意としています。それだけに原材料の相場変動・為替変動・金利変動などの、商品価格に影響する市況には常に気を使うという専門的な側面もあります。