あなたのグローバルなキャリアを応援する、パソナグローバル

求人情報詳細 Job information

掲載日:2023/01/23

求人ID / Job No.26921

医療ソフトウェア開発責任者【東京】

【東証プライム上場】業界最先端を走る医療機器メーカー

職種Type of Work IT・Webエンジニア:IT関連(オープン・WEB系)
雇用形態Employment Type 正社員
業務内容Job Description ★同社の新規事業(今後ロボティクス化を考えるソフトウェア開発)の開発マネジメント、開発計画を立て、推進していただける方を募集します。 ※愛知県の拠点へ週1回程のペースで出張に行っていただきます ※リモートワークも活用可能です 【現体制】5名 東京 60代1名、40代1名、30代1名、外国籍社員1名 愛知 30代1名(ソフトウェア系) 派遣で3、4名程 ■同社ナビゲーションシステム全体の開発マネジメント ■ ナビゲーションシステム開発 ■ アンギオグラフィーシステム開発(ソフトウェア+電気コンソール) ■ ソフトウェア開発体制の構築 【配属部署】 メディカル_先端医療技術研究G_先端医療システム研究T
必要経験Necessary Experience 【必須要件】 ■Python、C、C+、C++、C#プログラム経験 ■チームマネジメント、プロジェクトマネジメント経験 ■英語への抵抗感がない方(FDAとのやり取りに必要になります(薬事許認可)) 【歓迎要件】 ■製品搭載(医療機器であれば尚可)のソフトウェア開発経験 ■画像処理機器開発経験 ■画像処理アルゴリズム開発(AI含む) ■QMS、IEC62304(JIST2304)下での製品開発経験 ■DICOM開発の経験
語学力Language Ability ■英語 : Greeting / None
■日本語 : Expert
年収Annual Income 1000万~
社会保険Social Insurance 健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険 
諸手当Benefits 在宅勤務制度あり
勤務地Area 東京都
休日・休暇Holiday / Vacation Days 年次有給休暇 ※ 半日、1時間単位の取得可 ※ 計画有休制度( 毎年 4月に年間 5日間の有給休暇を申請 ) 夏期休暇、年末年始休暇、育児休業( 男性社員の育休取得実績あり )、慶弔休暇 介護休業
パソナグローバルからのコメントMessage from Pasona Global 【ポジションの魅力】 ■今回の事業部は立ち上げの時期でもある為、マネジメントスキルを活かしていただけます ■医療機器(カテーテル)のニッチトップ企業であり、人の命に係わる開発に携わる事ができ、医療の進歩に貢献する事ができます ■将来的には人ではなくロボットの組み込みシステム開発を目指しており、ロボティクス化を推進していけるポジションです
企業プロフィール Company Profile
事業内容Business Description ■医療機器及び極細ステンレスワイヤーロープ並びに端末加工品等の開発・製造・販売 【セグメント】 ・メディカル事業 ・デバイス事業(医療部材・産業部材) 【拠点】 国内9拠点、海外17拠点 【2021年6月期(連結業績)】 ■売上高       :615億円 ■営業利益      :127億円 ■営業利益率     :20.8% ■自己資本比率    :80.5% ■経常利益率     :12.6%
業種Industry 医療機器メーカー
会社特徴Company Features 【東証プライム上場:業界最先端を走る『グローバルニッチトップ』医療機器メーカー】 ■PTCAガイドワイヤで国内トップシェア誇る東証プライム上場企業。高度な4つのコアテクノロジー(技術)をベースに、原材料から最終製品まで自社内での一貫生産体制を構築しています。心臓や腹部の治療・診断に用いられるインターベンション用デバイスを幅広く取り揃えており、医師との共同開発により、従来の概念にとらわれることなく、医療現場のニーズを新たな視点で取り込んだ新製品を商品化することで、患者様のQOL(Quality of life)向上を目指しています。 ※「グローバルニッチトップ企業100選(素材化学部門)」認定 (2020年6月30日/経済産業省) 【PTCA治療とは?】冠動脈疾患(狭心症・心筋梗塞等)の治療法を指し、患者の精神的・肉体的負担を最小限に抑える為に、開腹・開胸する事無く、太腿や手首の血管を通じて治療を行うことPTCA治療と言います。同社のガイドワイヤは、この治療において必要不可欠な重要製品です。 【盤石の経営基盤】元々医療業界は不況の影響を受けにくい業界ですが、その中でも同社は、自己資本比率:約80%、営業利益率:約20%(製造業は2~6%程度)と、非常に盤石な経営基盤を有します。背景として、独占的な市場形成が行えている点や、売上10%以上を研究開発費に投資する企業体質が挙げられます。新型コロナウイルスの影響も多少ありましたが現在は回復傾向です。