営業(国内外)※炭素繊維製品【Daigasグループ】 | パソナグローバル - PASONA GLOBAL
あなたのグローバルなキャリアを応援する、パソナグローバル

求人情報詳細 Job information

掲載日:2021/09/03

求人ID / Job No.80855528

営業(国内外)※炭素繊維製品【Daigasグループ】

職種Type of Work 営業:海外営業
雇用形態Employment Type 正社員
業務内容Job Description 同社にて炭素繊維製品の販売業務をお任せ致します。【具体的には…】■国内・海外既存顧客(法人)へのルート&提案営業 ■新規顧客への提案営業■マーケティング業務■販売戦略の企画・立案【配属部署】CF材料事業部 営業部 CF チーム または RI チーム【担当エリア】国内、北米、欧州、中国、韓国、東南アジア【月平均残業時間】約16時間程度【取り扱い製品について】■素材関連を扱うCFチームと断熱材関連を扱うRIチームがございます。CFチームで扱う商材はチョップ、ミルド品が主になりますが、一部フェルト、ペーパー軽量断熱材も扱います。RIの方は、成型断熱材、フェルトが主に扱う製品です。より詳細については、下記弊社HPをご参考頂ければと存じます。■https://www.ogc.co.jp/products/carbon-f/
必要経験Necessary Experience 【必須要件】 ■法人営業経験■語学力(TOEIC650点以上)※英語について海外顧客へのプレゼンテーション、メール連絡、 問合せ電話対応で利用するため。【歓迎要件】 ■海外営業経験■化学(材料系)の商社、またはメーカーにて法人営業の経験■語学力(TOEIC800点以上)
語学力Language Ability ■英語 : Business level
年収Annual Income 400万~600万
社会保険Social Insurance 健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険
諸手当Benefits 通勤手当 住宅手当 残業手当 退職金制度 単身赴任手当、再雇用制度あり、財形貯蓄制度、大阪ガスグループ従業員持株制度、福利厚生倶楽部(割引サービス)
勤務地Area 大阪府
休日・休暇Holiday / Vacation Days 完全週休二日(土日) 産休育児休暇制度 産休育児休暇実績 祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇(15日~20日 繰り越し可)、積立有給休暇制度、メーデー、育児介護休暇制度、リフレッシュ休暇制度
パソナグローバルからのコメントMassage from Pasona Global Daigasグループ中核会社!!~ワークライフバランス両立出来る働きやすい環境です~《入社実績多数》【おススメ】■年間休日127日■月平均残業時間16h程度■語学力活かせます♪■裁量権◎
企業プロフィール Company Profile
事業内容Business Description ■CF材料事業■ファイン材料事業■活性炭事業■保存剤事業【事業所】本社(大阪市中央区)東京事務所(東京都港区)電極材料開発センター(大阪市此花区)枚方製造センター(枚方市)奈良表面加工センター(奈良市)CF材料製造センター(大阪市此花区)商品開発センター(大阪市此花区)物流センター(大阪市此花区)
業種Industry
会社特徴Company Features 【4つの事業で幅広い業界にて活躍!】同社は、断熱材等の用途で使用される炭素繊維素材を主力製品とするCF材料事業。携帯電話やスマートフォンの高画質カメラに使われる樹脂原料を主力製品とするファイン材料事業。水や空気を綺麗にするという特性を活かして、食品・医薬品から浄水場や工場など、幅広い分野で使用される活性炭を主力製品とする活性炭事業。木材や繊維などの様々な素材を腐敗、カビ、虫などから守る塗料を主力製品とする保存剤事業。このような領域の異なる事業を幅広く展開しています。【複数の事業で世界トップクラス】各々が業界トップクラスの高い技術力を有し、様々な製品を全世界のお客さまに提供しています。特に活性炭事業と炭素繊維事業については世界トップクラスのシェアを有しております。新たな製品開発にも力を入れていて、環境対策用の空気清浄機・ウェアラブルディスプレイ・ロボット・宇宙産業など需要増が見込まれる商材への活用に向けて開発が進んでおります。このように商品開発へ多くの投資をすることが可能な点も大企業を母体に持つ同社の強みです。【執念と粘りをもって失敗を恐れず挑戦する】同社の製品の中には、元々はわずか数人の研究者が執念と粘りで生み出し、数十億円規模のビジネスに成長させたものもあります。このマインドは、研究者のみならず全社員に浸透しており、中には「自分で作ったものは自分で売る」というこだわりで営業職に転身する研究者もいらっしゃいます。